弁護士費用の種類

弁護士費用は大きく分けて2つ

弁護士費用

弁護士報酬とは

弁護士報酬の中には以下の種類があります
弁護士報酬

着手金

「着手金」は、結果にかかわらず弁護士が手続を進めるために着手時に支払う、いわば手間賃です。

着手金については,分割払いにすることも可能です。当該手続を行っている間に完済できるよう,概ね3ヶ月から1年でのお支払を予定しています。具体的には受任時にご相談下さい。

報酬金

「報酬金」は、結果に応じて支払う成功報酬のことです。したがって、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。

その他

法律相談料、書面による鑑定料、タイムチャージ、日当(半日3万円,1日5万円~10万円)、顧問料などの形式で弁護士報酬を頂く方法もあります。

実費の例

収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金などです。弁護士への依頼内容によって必要となることがあります。当事務所では,事件類型によっては,着手金に一定額まで実費が含まれている場合があります。

その他の知っておいていただきたいこと